忍者ブログ
「──別に、書いてしまっても構わんのだろう?」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


流石にそろそろ息切れしそう。
走り続けるのは誰でも辛い。ちょっとくらい、休まないと。

てな感じの四十五話目。

終始アーチャーと凛のイチャイチャで終わったけれども。
ようやくこの話の核心に少し近づいた感じ。

再構成ものでよくあるのは召喚に特に意味を持たせないってのがあります。
なのでこの話ではそのあたりにも理由付けをしているわけです。
まあ、割とこじ付け感はあったりしますけど。

この話で書きたかったのはアーチャーはやっぱりアーチャーなんだってこと。
UBWで自己否定を行ったアーチャーもアーチャーだけど、
FateやHFのように念願さえも無視して他人の為に、てのが本質なんじゃないかなぁと。

で、今作では士郎でも、凛でも、イリヤでも、桜でもなくセイバーの為のアーチャー。
そんなイメージなのです。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[08/19 NAT]
[08/09 ZIN]
[08/06 NONAME]
[08/04 七氏]
[02/07 ななし]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(12/12)
(12/12)
(12/16)
(12/16)
HF
(12/19)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]