忍者ブログ
「──別に、書いてしまっても構わんのだろう?」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 三十六話目。
 これまでの話の中で最大の総力戦となった予感。

 コトミー、ギル様、ライダー。そしてとうとう本気モードのバゼラン。

 ぶっちゃけ反則。この二人、強すぎねぇ?
 回避不能の魔槍、相手の切り札に反応する神の剣。
 卑怯だ。反則だ。手がつけられない。
 そんな感じをイメージしていただけたら御の字。

 書いてて映像で見たくなったバトルその1。
 イメージ的にはホロウのアチャvsセイバー。
 アレにもう一閃、空を目指す光が加わる感じ。
 でも実際見ると多分グロい。死翔の槍とか特に。
 文で表現しきれない自分の指先が憎い。

 さておいて、話も少しずつ佳境に。

 徐々に数を減らしていくサーヴァント。
 暗躍が露骨になってきた黒幕二人。
 銃爪を落とされた桜。
 静観している筈がない翁。
 十年前より存在する九人目。
 セイバーの裏切りの意味。
 士郎の行く末。

 とか色々ほどよく交錯してきていると思うんだけどどうか。

 まあ今回は気合入れて書いたつもりなので楽しんでいただければそれで良し。
 次も頑張ろう。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/19 NAT]
[08/09 ZIN]
[08/06 NONAME]
[08/04 七氏]
[02/07 ななし]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(12/12)
(12/12)
(12/16)
(12/16)
HF
(12/19)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]