忍者ブログ
「──別に、書いてしまっても構わんのだろう?」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


らっきょ映画化!
うわあ、これは予想だにしなかったメディア展開。
動く式や橙子さんが見れるなんてイヤッホゥゥゥゥゥ!!!!

 

そしてFate/Zero
ああああああああああ、読みてえええええええええ!!
とあるサイトさんであらすじと登場人物構成を見ただけでもうテンションMAX。
出だしから皆張り切りすぎだぜぇぇぇぇぇぇ。
そしてやっぱり我様は我様でとてもとても安心しました。

 

そしてヤバイのがイスカさん。
空×月×運命のイスカさんとはそれはもう違いすぎてぐふぁって感じです。
手直しすべきか、Zero以前て事でお茶を濁すか。
とりあえずZero全部出てからかなぁ。

 

あー、Zero読みたい。通販は遠いな……。

PR

HF

Fate、UBWは何度となくクリアしているのですが、どうにも食指の動かぬHF。
中途半端になっていたソレを昨日再クリアした次第。
そして今更ながらに思うこと。…………アレ、なんであんなにHFを敬遠していたのだろうか、と。

 

あまり評価のよくないHF。
しかし単体としてみれば、かなり良い出来だったのではないかと思う。
Fate、UBW、HFと順番にやるとどうしても……な人もHFだけやってみるとまた見方が変わるのではないか。

 

で、せっかくなんでHFについてつらつらと語ってみよう。今更だが。

  

HFが嫌われる理由としてダークな側面が強いことと、セイバーや桜の処遇にあるのではないかと思う。
Fate、UBWと綺麗に纏められた物語をプレイした上でHFという全編ダークなものをやると
知らず嫌悪してしまうのではないだろうか。
まあこれは個人の趣味嗜好だろうから、どうしてもダメな人はダメなんだろう。

 

次にセイバー。
彼女はアレで良い、というよりアレしかないと思う。
HFは「理想を裏切り、世界中全てを敵に回しても一人の少女を守る少年の物語」なわけですので、
セイバーを救ってしまっては意味がない。というより重みがない。
守ってくれると言ってくれたセイバー、共に戦うことを誓ったセイバー。
そんなセイバーを犠牲にしてしまうことこそ、士郎の選んだ道への罪であり罰である。
何よりFate、UBWと共に歩んできたセイバーを切り捨ててまで桜を生かす為に戦う姿が
HFの本質を表しているのではないか。
全ては救えず、十を救うために一を切り捨てるか。一を生かす為に十を敵に回すか。
それだけの違いであり、それが決定的な違いであると思う。

 

最後に桜。
彼女はやはりトゥルーエンドにおける演出のせいかなぁ、と思う。
罪の在り処と罰の如何。
多くの人を喰らったにも関わらず、安穏と笑顔のまま生き続けているのが腑に落ちないのではないか。
前例として挙げられるのが「空の境界」の浅上藤乃。
彼女も殺人を行った者であるが、罪に問われていない、というよりほとんど作中で触れられていない。
その原因として、裏の社会……魔術(神秘)で行われた殺戮を表のルールで裁くことは出来ないからだろう。
本人の自供以外に証拠は出ないし、なにより神秘の漏洩こそが最大の罪であるから。
なら桜の処遇を決められるとしたら、裏のルールたる魔術協会、あるいは聖堂教会だろう。
だが彼らとて神秘の漏洩さえ行わなければOK的な部分があるので、如何ともしがたい。
凛も協会に呼び出されそのままなら管理者の権利剥奪やら事件の捜査等もあったかもしれないが、
爺さんの登場で全部煙に巻かれてしまったからなぁ。

 

桜には間違いなく罪があり、罰を受ける義務がある。
ただ、その罰を下す者がいないのだ。
ならば本人がその罪を認識し、罰を背負うことこそが必要である。
その辺の描写が丸ごと省かれているせいで、桜は罪の意識が薄い印象を与えているのかもしれない。
桜は多くの人に守られて生きてる。
描写はなくとも(ないからマズイのだが)罪の意識と罰を科してはいるだろうし。

 

ああ、後は桜の行動の動機もそうかも。
上で浅上藤乃の名前を出してるけど、そのときの幹也の言葉に「痛みは訴えるもの」とある。
桜もコレに該当してると思う。
マキリの闇に放り込まれて相談できる相手もおらず、心の拠り所は凛と士郎だけ。
助けて欲しいなら助けて欲しいといえばよかった、とあるけど桜はそれを言える筈がない。
心臓に臓硯が巣食っている以上、常にこめかみに拳銃突きつけられているのと同じ。
その状況で助けなんて呼べるわけがない。
桜は誰よりも臆病で、怖がりだった。
その少女の溜まりに溜まった鬱憤が力を得た事で爆発したってだけの話なのだろう。
ほら、誰だって突然大金が舞い込んだら使いたくなるでしょう。
それと同じ。過ぎたるものは身を滅ぼすってことだろう。

 

……というわけで、誰も見ていない一人語りを終わりとしたいと思います。
まあもし誰かが見てて、何か思うところがあれば、もう一度HFをやってみてはいかがでしょうか。


なんとなくhollowをやり直した。

 

そして今更ながらにようやく衛宮士郎とアヴァンジャーの
鏡に向き合う悪魔、正反対でありながら同じである、という意味の理解に至った。

 

そしてカレンがツボに嵌ったという罠。
ついでにカレンのかーちゃんの名前がオルテンシアだったのね。
ずっとかーちゃんも「~・オルテンシア」だと思ってた。

 

ちゃんと文を読まないからそんな勘違いをするのよ、この早漏
……すいません。


[1] [2] [3
«  Back :   HOME  
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[08/19 NAT]
[08/09 ZIN]
[08/06 NONAME]
[08/04 七氏]
[02/07 ななし]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(12/12)
(12/12)
(12/16)
(12/16)
HF
(12/19)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]